■ ゼラニウム
学 名 Pelargonium graveolens
生産地 レユニオン島・モロッコ
科 名 フウロソウ科
種 類 草木
作 用 緩和、高揚、内分泌系調整、防虫
抽出する部位と
方法
葉 / 水蒸気蒸留法
主要成分 シトロネロール、ゲラニオール、リナロール
植物の特徴 早春〜初夏にピンク色の花が咲き、高さは60cmほどになる。 ローズ系の強い香りの葉は小型で、寄せ植えに向く。
栽培場所 夏は日当たりよく涼しい場所。冬は日当たりのよい場所か屋内で。 水の与えすぎに注意。
香 り 甘美で優雅な芳しいフローラルの香り。 ローズの香りとほのかに柑橘系の香りがする。
適 応
こころ 生理前後のイライラや抑うつ、不快感や更年期障害をやさしく鎮める。バランスを回復し、くつろいだ気分に。

からだ ホルモン分泌を調整するので 生理痛・生理前症候群などに。足のむくみにも。

皮脂分泌を調整するので全てのタイプの肌の状態に役立つ。皮膚軟化作用もあるので肌の衰えに。 また、殺菌作用もあるのでにきびにも。湿疹、やけど、しもやけを好転。

環 境 窓辺で芳香浴を行うと蚊除けの効果が期待できる。

利用法
芳香浴 アロマライトに4〜5滴落として、気分を明るく!

入浴 バスタブに3滴ほど入れてお肌をしなやかに。ストレスや更年期に ゼラニウム2滴、イランイラン2滴

湿布液 打ち身などの炎症や乳腺炎などに 洗面器の冷水にペパーミント1滴とゼラニウム1滴を加え、湿布液とする

芳香浴などでブレンドに合う精油 オレンジ、クラリセージ、グレープフルーツ、ベルガモット、ローズマリー、サンダルウッド、ラベンダーなど。
注意点 ・ホルモン系を規則的にするので妊娠初期は避ける。
・敏感肌に刺激を及ぼすことがある。
MEMO ・英名:センテッドゼラニウム(芳香のある低木類の総称)
 和名:ニオイテンジクアオイ
 別名:ニオイゼラニウム
 このうち、精油に使われるのは主にローズゼラニウム

・ほとんどの種類は、生葉をゼリーやジャム、ハチミツなどの料理の香り付けに利用。
 葉の味は悪いので香りを移したら取り除き、花はサラダやデザートの飾りつけに。
 乾燥させた葉はポプリに加える。

・欧米の出窓などで赤いゼラニウムを飾るのは、「悪いことを寄せ付けず家を守るため」と言われている。