■ グレープフルーツ
学 名 Citrus paradisi(=パラダイスが語源)
生産地 アメリカ
科 名 ミカン科
種 類 大本
作 用 緩和、消化器系機能亢進、抗菌、活力、元気づけ
抽出する部位と
方法
果皮/ 圧搾法
主要成分 リモネン、ヌートカトン
植物の特徴 つやのある葉をつけ、白い花を咲かせ、黄色の果実を実らせる木。
栽培場所 アメリカ、ブラジル、イスラエルなど
香 り 甘酸っぱくみずみずしい柑橘系の香りで、気持ちを静め、スッキリした気分にします。
適 応
こころ 脱力感や無気力に対して気持ちを引き締め活力を取り戻す。
心身に重くのしかかったストレスを取り去り、生きる喜びを回復。

からだ リンパ系を刺激して体液の循環を促進する。
⇒体の隅々に滞った疲労、痛み物質を洗い流すことができるので疲労回復、筋肉痛を鎮めるのに有効。

利尿作用があり、水分の滞留も防止し、脂肪の新陳代謝を促進するのでダイエットの助けにもなる。
⇒セルライトを好転させる

しかし、食欲刺激剤にもなる。
ジェットラグにも。(軽い頭痛と疲れを取ることができる)

利用法
マッサージ 新陳代謝を促し、脂肪やむくみをとるマッサージオイル(LaCASTAセルライト用にブレンドされたオイルあり)で心臓より遠い方から近い方へマッサージ。お風呂上りに。

芳香浴 食欲がない時、食事の前に柑橘系の香りを拡散させておく。特にストレスによる食欲不振によい。
グレープフルーツ2滴+ベルガモット2滴など

乗り物酔い グレープフルーツとペパーミントなどの香りをティッシュなどに

芳香浴などでブレンドに合う精油 イランイラン、カモミール、ローズ、ベルガモット、ラベンダー等
注意点 ・皮膚に使用した直後は直射日光に当たらないようにする。
・刺激的なので 入浴に使用する場合は量を控えめに。
MEMO ・この精油が最初に商業的に生産されたのは1930年頃のフロリダから。

 (香りで痩せる!の科学的実証)
自律神経(=交感神経と副交感神経)の乱れ⇒肥満になりやすい
リモネンは 交感神経をダイレクトに活性化する。
柑橘系の精油で一番リモネンが含まれているのがグレープフルーツ

2002/1/17
資生堂はグレープフルーツなどの香りの効果によって、中性脂肪の燃焼機能を持つたんぱく質「UCP(脱共役たんぱく質)」の発現を高める新スリミング理論(UCP理論)を世界ではじめて確立したと発表した。

また同社では、これら香料とカフェインなどを配合したボディローションを用いてスリミング効果をテスト。有意な効果を確認した。