月に一度開いているマザーブ・カフェの会の模様をお伝えするカフェ・レポート。
参加者のじゅんこママ、今月もよろしくお願いしま〜す!
第12回 ローズで優雅な気分♪
世の中はワールドカップの真っ最中!!そんな中、今月もハーブの時間が始まります。まず、今月のハーブはローズです。

「花の女王」ローズは、古くから愛と清純さの象徴として愛されてきた大変高価な精油。たった1滴とるのにバラの花が30〜50本も必要と言われているそうです。
確かにローズは香りの女王にふさわしく、甘美で優雅な香りで、幸せな気分を味わえます。それ位高価なのは、仕方がないかも・・・しれませんね。
適応としては、疲れきった心をやさしくなぐさめ、抑うつ、悲嘆、嫉妬孤独感‥を静める効果があるそうです。
また、ホルモンのバランスを整え、更年期障害、生理痛、生理前症候群を和らげる作用があるそうです。 そして全ての肌質タイプに有効だけど、特に老化肌、乾燥肌、敏感肌に効果的だそうです。

ローズは目のケアにも使えます。
【温湿布】
疲れ目やドライアイの時に洗面器(2L)に熱めの湯を入れ 精油を4〜5滴加えてよくかき混ぜる。表面に浮いている油膜をタオルに含ませて絞り、5〜10分ほど両目の瞼に当て、使う。
【冷湿布】
ちくちく刺すような目の痛み、または肌の乾燥による目のかゆみには、上記の熱めの湯を水に変えて同様にケアする。
乾燥肌の私は、アレルギーがあるのか季節の変わり目など特に目の周りが痒くって、かきすぎてしまうので次回は是非この方法を試してみたいです とにかくローズは、効果があるのに毒性が少ないということだそうです。すばらしいですね!!

La CASTAの精油は、植物オイルで3%に希釈されているタイプだから @2000円です。希釈していない高価な精油だと主婦にはなかなか購入する勇気はもてないけど、これでローズの芳香浴はバッチリです。

みゆき先生からローズの話を聞きながら、今日のティータイムは紅茶にローズを入れたものを頂きました。そこにまた先生が持ってきてくれた ローズジャムを入れると、更にローズ一杯のおいしい紅茶になります。そしてハイールさん特製のデザートはローズヒップのゼリーと 紅茶とローズのゼリーにラスクとバニラのアイスクリーム添えです。おいしくってあっという間に食べられてしまいました。(息子に!?)

おいしいティータイムのあとは、ローズポットを作りました。キッドの中にある球状のスポンジ様にダマスクローズのつぼみを挿すだけの簡単な作業でした。 そして最後にローズの精油を器に染み込ませるだけです。とっても簡単ですが、かわいくてちょっとしたインテリアにはばっちりでした。 とにかく難しくなくて、器用、不器用に関係なく作れるローズポットでした。

梅雨に入り、気分もめいりがちですが、また一つ覚えたハーブでリフレシュしたいと思います。