月に一度開いているマザーブ・カフェの会の模様をお伝えするカフェ・レポート。
参加者の由美子サン、今月もよろしくお願いしま〜す!
第20回 かわいい!ハンギングバスケット
桜の季節もすっかり終わりました。今年は我が家の長男の入園式もあり いつもより春を感じたような気がします。久しぶりに子供たちを連れてハーブ教室に参加しました。
今回はハイールさんのマスターによるペットボトルで作るハンギングバスケットです。 用意するものは、ペットボトル、花苗2〜3苗、培養土、軽石又は赤玉土 肥料、水苔、スコップ、割り箸、ハサミ又はカッター、穴あけドリル 又はきり、S字フックです。

ハイールさんの奥様がコンテストに出展された作品↓

ペットボトルの底にきりなどで穴を4個位あけます。これには汚れたドライバーの先を焼き、穴あきに使いました。 そしてハサミやカッターでペットボトルに切り込みを行います。
ペットボトルのバスケットが出来たところで、培養土に肥料を入れ混ぜます。今回は準備してもらったものを使いました。 穴を開けたペットボトルに軽石又は赤玉土を3〜4cm、次に土を3〜4cm入れます。そこに自分で選んだ苗を順番に3つ植え込んでいきます。 隙間ができないように、割り箸で土をつめていきます。一番下は下向きに、真ん中は少し上向きにそして最後に、水苔を使って上部と切り込み部分から土が見えないようにして、 出来上がりです。あっという間に、かわいいハンギングバスケットが出来上がりました。
出来上がったら、底の穴から水が出てくるまであげます。水苔が乾いたら水をやり、液体肥料を1週間に一回あげます。 水をあげるのを忘れやすい私にも、わかりやすかったです。 この季節、かわいいお花を植えて更にリサイクルまで出来ます。

バスケット作りを終えて、今日はレモンバームのお茶とカモミールのマフィンをいただきました。お茶もマフィンも癖がなく、子供も おいしく食べることができました。

6月はまた何ができるるのか楽しみにしています。