「やさしさに支えられて」を書くにあたって...

子どもが生まれてから生活が全く変わりました。

付き合って17年にもなる夫は 私の大切なパートナーだけど 朝早くから夜遅くまで彼は会社で過ごすので  一緒にいる時間は決して多くはありません。でも、心はいつも一緒です。

紆余曲折いろいろありましたが、今、このように言い切れるのは 常に家族と本質的に関わろうとしてくれる夫のお陰です。 夫は家族のことを何よりも大事に思ってくれているのが伝わってくるから 私と娘は精神的に安定して暮らせるのでしょう。 (昔は、「なんで私ばっかり・・・」といつも怖い顔してました〜(笑))。 夫には心から感謝しています。

この夫との関係とはまた違って、いつもいつも私と娘は一緒です。 娘を出産した瞬間から今までどんな時にも娘を切り離して考えられませんでした。 私はお世話しないと生きていくことができない赤ちゃんの時から1年365日休むことなく見返りを求めず無我夢中で子育てしてきたから こそ、娘との一体感みたいなものが身についたのだと思います。これが母性というのでしょうか・・・?
はじめは 「子育て=修行」のように思えましたが、いつのまにか私にとって最高級の特権だと思えるようになっていました。

子育てを通して 今までは見えなかったことが見えるようになりましたし、私自身の考え方も随分変わりました。 地域社会がより密接になりましたし、子ども達の未来にも関心が持てるようになりました。 そして私は、娘のお陰で自分をよく見つめられるようになったと思います。人間っておもしろいですね!

私には必要だったから 今、家族を持たせてもらっているんだと思いますが、夫や娘という最小のコミュニティーの中で  この10年間 自然に 無条件に 沸き起こるやさしい気持ちを学ばせてもらってきたことは、私にとって何よりも大事な体験だったと 思います。といっても まだまだ学び始めたばかりですけど、 トコトン家族と向き合ってみて  ありがたいことに家族の基盤は随分固まってきました。

さあ、今度は私の番!!

自分自身を確立したくて 2000年の春に私は思い切ってmotHERB(マザーブ)を立ち上げましたが、たくさんの方と出会い、 交流していくうちに いつの間にか「家族」という枠を越えて 実に多くの方々からやさしさをいただいていることにあるときハッと 気づきました。そこで慌ててタイトルも 「娘と一緒に」」→ 「やさしさに支えられて」と変更したのですが、自分の素直な気持ちを 発信する勇気を持ってきて良かったと思います。

何も知らないフツーの主婦が、不起用ながらもなんとかめげずに仕事を続けていられるのも、きっとたくさんのやさしさに支えられている ☆となったからなんです。 このやさしさパワーってすごいなーと思いますし、私も精一杯 このやさしさをお返ししていきたいと思っています。

暮らしの中で感じるいろいろなやさしさに目を向けたり、忘れがちだったやさしさに感謝したり・・・という中で家族のこと 子育てのこと  社会のことなどを 思いつくまま素直にありのまま書いていきたいと思います。お時間がある時にどうぞお付き合いくださいませ。