motHERBメールマガジン【2004年3月号】 掲載記事
Vol.13 ヘアエマルジョン

先月の今頃は、窓から見えるのは真っ白な雪に覆われた古き良き ヨーロッパを思い起こすモスクワの街並みだったはずなのに。 今年はモスコビッチ(モスクワっ子の意)もビックリするぐらい、あっけなく 雪解けの季節に突入しています。去年は私が引っ越してきた4月でも、 まだたんまりと雪が残ってたのに。これも暖冬→地球温暖化の影響なんでしょうか。
住んでみれば思ってた以上に快適だったモスクワの冬。 日本の雪景色 とはまた違った雪景色は、とてもとてもキレイだった。 コドモもスケートやホッケー(今キムタクがホッケー物のドラマに出てるそうですね)、 ソリ遊びに興じたりと、銀世界ならではの外遊びを存分に満喫したみたいです。

その快適な冬暮らしを支えるのが、強力なセントラルヒーティング。 ヒーターなどの暖房器具は一切使う必要がないのです。建物まるごと 暖めているので、建物に一歩入った瞬間にホンワカしてる。部屋の中も 死角なし。北向きの部屋もトイレも廊下も関係なく、24時間均一に暖ま っているわけです。この室内環境に慣れちゃうと、逆に日本の住まいの ほうがうすら寒く感じるほど。 この感覚は、カンペキな暖房対策のなされた家に住み慣れた北海道の人が、 暖かいはずの東京(道外)で暮らした時に感じるのに似ているそうです。

そんなセントラルヒーティング、時として弊害をもたらします。 それは「乾燥」。 お風呂上りの体、洗いざらしの髪の毛、とにかくよく乾きます。 髪の毛などブラッシングした時の静電気で、いかにデリケートな状態かが分かります。
そこで、いよいよ私も愛用することになったのが、ラ・カスタのヘアエマルジョン。

実はもともと健康な髪持ちの私は、日本ではヘアエマルジョンの必然性 をあまり感じてなかったのです。でも、私と同世代〜年上(母親世代も!) の人に勧めると驚異的な確率でリピーターになるのを思い出して、使ってみました。 そう、皆さんの体験談どおり、少し控えめで物足りないぐらいの量を手に とり、洗髪後、水気を軽くふき取った状態の髪に優しくすり込む。 表面だけではなく、地肌に空気を入れるように内側から外へ髪を手ぐしですきながら。 美容師さんがよくやる「ドライヤーを遠めに当てながらハンドドライ」で 髪を乾かすうち、いつもとは格段に違う乾き上がりを実感。 ふんわり、柔らいんです。赤ちゃんの髪の毛に近い感触。
注意したいのは欲張ってたっぷり使わないこと。 1回の使用で2プッシュが目安になっていますが、個人的には初めて の時は1プッシュで濡れた髪全体に上手になじませる練習から始めることをお勧めします。 私のように髪の毛はぱさつきがちだけど地肌はそうでもない…という人は、毛先を中心になじませるとベター。

ラベンダー、カモミール、ゼラニウム、ローズマリー…、人工的な香料 の強い他のヘアケア剤とは全く異なる、天然のエッセンシャルオイルならではの心地よい香り。 パーマやカラーリングで髪の毛が傷みがちな人、加齢とともに髪の毛の 衰えを感じている人に自信を持ってオススメできます。 特に、今まで数え切れないくらいのヘアケア製品に投資してきた人はぜひ一度オタメシする価値あり!
リピーター率の高さが証拠の、目からウロコの効果に感動しますよ。